看護部

看護部紹介

看護部の「理念・方針」をはじめとした、看護部の概要をご紹介します。

看護部からのメッセージ

看護部長からのメッセージ

看護部では「笑顔と親しみやすさ、感謝の心」の病院の理念を基に、医療ネットワークとなる関連施設、医師をはじめとする各部門と連携しながらチーム医療に取り組み、患者様がその人らしい生活が送れるよう、安心・安全な看護の提供を目指しています。

人材育成においては、新人看護師、中途採用者教育、認定看護師育成に努めており、新たにキャリア開発ラダーの運用を始めました。また、職員が活き活きと働き続けられるように、様々な課題と向き合いながらワークライフバランスを推進しています。

看護職がそれぞれの看護観を大切にしながら、看護の役割を発揮できるように、共に学び共に成長できる看護部作りをしています。

大高房子

副看護部長からのメッセージ

看護部では、多様な関わりを必要とされる患者様がその人らしい生活を送ることができるように「あきらめない」看護を目指しています。医師から厳しい状況と言われても、患者様の持てる力を引き出せるように追及しながら看護を実践しています。

そこには失敗もありますが、職員一人一人の長所を生かしながら特性を発揮し、短所をチームでカバーすることを大事にしています。そして、仕事を楽しみながら、仕事を通して人として成長していきたいと考えています。

生田目幸子

看護部の理念

私たちは、患者様及び地域の皆様が健康あるいは、健康回復のために必要なニーズを把握し、個別的な看護を提供します。

看護部方針

  1. 患者の療養生活における安全・安楽に責任を持つ
  2. 業務に対する探究心を持ち、効率化を図る
  3. 関係する法の理解を深め、倫理的判断を行う
  4. チームワークを尊重し、他部門との協力体制に取り組む
  5. 看護部の視点から、病院経営に貢献する
大久保病院看護部の5つの強み。管理者の現場実践。キャリアアップ支援。アットホームな人間関係。リフレッシュ休暇。リリーフ体制。

看護体制

看護体制 基本診察料
10対1  一般病棟入院基本料4
13対1  地域包括ケア病棟入院料1
20対1  療養病棟入院基本料1
15対1  回復期リハビリテーション病棟入院料4
勤務体制 変則二交代制
看護提供方式 チームナーシング制(機能別式)
看護単位
  • 一般病棟(2病棟)
  • 地域包括ケア病棟(2病棟)
  • 回復期リハビリテーション病棟
  • 療養型病棟(2病棟)
  • 手術室・中央材料室
  • 外来

看護単位

一般病棟 B-2F

急性期の救命処置・検査・手術を担う病棟であり、緊急入院の患者様が多い病棟です。

地域包括ケア病棟 B-3F

地域包括ケア病床35床があります。

地域包括ケア病棟 B-4F

地域包括ケア病棟が35床あります。

療養病棟 A-2F

長期に渡り療養を必要とする患者様を対象とし、療養と一定の治療を行う療養環境を提供する病棟

療養病棟 A-3F

長期に渡り人工呼吸器装着中の患者様を中心に、療養と一定の治療を行う療養環境を提供する病棟

回復期リハビリテーション病棟 A-4F

整形外科・脳外科の回復期における患者の受け入れを主とする回復期リハビリテーション病棟です。

外来

外来は総合診療科、循環器内科、呼吸器内科、外科、整形外科、泌尿器科、脳神経外科、皮膚科、眼科、歯科の診療科と内視鏡検査等で構成しています。

スマホ向け表示